読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyTravelers

ハワイをメインに国内外の家族旅行の備忘録です。

アメックスビジネスゴールド

春先から先月上旬まで雨金祭りで盛り上がってましたが、私は昨年秋の下記アメックスゴールド×アマゾンのキャンペーンで既に発行済みだったので、ネットでの盛り上がりを傍観ししていました。


一応、私と妻の2人分で満額の90,000ポイント+アマゾンギフト券¥40,000分(+通常ポイント9,000ポイント)をゲットしましたが、今回の雨金祭りの比じゃなかったですね。

それにしてもマイラーのパイオニアの方たちもそうですが、世の中には頭の良い人たちがいますね〜。

春先に雨金のキャンペーンを見た時に公共料金って課金先が限られているし、光熱費、通信費で3ヶ月間じゃ支払う回数も高が知れているし、振替先変更も面倒だし、昨年のアマゾンとのキャンペーンの方が全然イイじゃんっと言うのが私の率直な感想でした。

まさか、国際電話やプロバイダーのPPVとかで個々に請求を発生させて、都度、2,000ポイント付与させられるとは・・・。

雨金祭りには参加出来ませんでしたが、昨年秋に発行したアメックスゴールドも更新が迫り、高額な更新料を払うのも嫌なので、そろそろ解約しようと思っていました。

ちょうどその時にアメックスからDMで下記のアメックスビジネスゴールドの入会案内が来たので、アメックスゴールドを解約する前に発行しました。


私はDMが来るまで気づきませんでしたが、アメックスのオンラインサービスにも記載されていたようです。

アメックスオンラインサービスで

[ポイント/優待特典] → [イベント・キャンペーン]

にアクセスするとキャンペーン一覧の中に下記バナーがあります。


アメックス・ゴールドまたはゴールド相当のSPGアメックス他のホルダーの方には表示されているはずです。
(もしかすると全員に表示されているのかも知れません。)

キャンペーン概要は下記です。


初年度年会費無料で入会後、3ヶ月以内に20万円の使用で10,000ポイント、50万円の使用で+30,000ポイント(合計40,000ポイント)、1年間に200万円の使用で+30,000ポイント(合計70,000ポイント)付与です。
(*)通常ポイントと合計でそれぞれ12,000ポイント、45,000ポイント、90,000ポイントになります。

アメックスビジネスは、法人の代表者じゃなくても場合によっては、サラリーマンでも発行可能です。

申し込みは「個人事業主」、「法人格のある法人代表」の2通りがあり、個人事業主としてであれば、サラリーマンの申し込みも可能です。

ただ、サラリーマンの場合は、所属している企業の属性だけでは申し込みが出来ないので、何か副業が必要です。

リーマンショック以降、就業規則に副業のNGが緩和されている企業が多くなっていますし、実際は副業まで行かなくてもFXや株取引等をやられている方は多いのではないでしょうか。

オンラインサービスのリンクから“個人事業主としてのお申し込み”に入り、申し込み欄の“主なご職業”と“その他のご職業”の両方を記載すれば、所得申告の箇所は給与所得を合算した総所得を記載出来ます。

ビジネスカードの申し込み上は“主なご職業”をプルダウンで「役員・経営者(自営含む)」を選択、“その他のご職業”を会社員(管理職 or 一般)、公務員(管理職 or 一般)、医師、弁護士、派遣・契約社員、・・・等から該当する属性のチェックボックスにチェックします。
(主と副業が逆転してしまいますが。)

法人代表者として発行する場合は会社の登記簿謄本等の提出が必要ですが、個人事業主としての発行は、通常の個人向けカードの発行と変わりません。
(個人事業主の場合、個人事業主としての開業届けを税務署に提出しますが、届け出情報等、ビジネスカード申し込み上は、一切必要ありません。)

私は以前からFXをやっているので、“個人投資家”として申し込みをしました。
(どう記載すれば良いか分からなかったので、アメックスに電話して聞いたら、個人投資家で良いと言われました。)

妻は会社経営をしているので法人代表として申し込みました。

恐らく、個人事業主としての申し込みは、副業での収入がほとんどなくても、総収入額がそれなりにあれば通るのではないかと思います。

無事発行出来れば、3ヶ月で50万円は決済を集中させればクリア出来るレベルなので、40,000ポイント(+通常ポイント5,000ポイント)はゲット出来るのではないかと思います。

100円で8+1=9ポイントなので通常の9倍です。

私は50万円はクリアして、100万円弱まで来ているので、200万円を目指して90,000ポイント、夫婦で180,000ポイントを来春頃には・・・っと皮算用しています。