読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyTravelers

ハワイをメインに国内外の家族旅行の備忘録です。

ハワイでスマホ利用

皆さんは、海外の渡航先での通信環境はどうされています?

海外旅行のスマホ利用

1.加入キャリアの海外サービスを利用

キャリア サービス 料金
au 世界データ定額
海外ダブル定額
¥980/24時間
¥1,980〜¥2,980/日
docomo 海外1dayパケ
海外パケ・ホーダイ
¥980/24時間
¥1,980〜¥2,980/日
SoftBank 海外パケットし放題 ¥1,980〜¥2,980/日
メリット 普段使用している携帯番号が使用可能
デメリット 料金が高い


2.モバイWifiルーターをレンタル

GLOBAL WifiやイモトのWifiのGLOBAL DATAなど、自宅へ宅配、空港または現地でレンタルが可能でレンタル料は¥500〜¥980/日。

メリット 比較的安価。
1台で複数端末を接続可能。
デメリット スマホと一緒に携行が必要。
携行している人と別行動すると接続出来ない。


3.SIMフリースマホで現地のSIMを利用

渡航先のSIMを事前にネットで入手または現地の空港などで入手し設定。

メリット 比較的安価。現地の電話番号を持てる。
デメリット アクティベーションや設定が必要。
普段使用している電話番号は使用不可。


4.ホテル等のWifi接続が出来るところだけで使用

ホテルのロビーや客室、またはショッピングセンターなどで提供されているWifiに接続。

メリット 費用不要。(一部の有料接続のホテル除く)
デメリット 限られたエリアでしか使用出来ない。
一般的に通信品質はあまり良くない。


おすすめプリペイドSIM AT&T GoPhoneの利用

私は以前は毎回、GLOBAL WifiでモバイWifiルーターをレンタルしていました。(事前にネット予約して、出発前に空港で受取り。)
昨年からは、AT&TプリペイドSIM“GoPhone”を使用しています。

ハワイ(またはメインランド)のリピーターの方にはおすすめです。(毎年最低1回は渡航する方)

ハワイでは、AT&TT-mobile、Verison、Sprintなどの通信キャリアが利用可能ですが、その中でもAT&Tはアメリカ最大手のメガキャリアです。

私たちは夫婦でauiPhoneを使用しています。(私がiPhone6、妻がiPhone6sです。)

ハワイでの通信手段をレンタルのモバイルルーターからAT&TプリペイドSIM“GoPhone”に変えたのは、モバイルルーターを携行するのが面倒&買い物で夫婦別々に行動することがあるのでSIMフリースマホでの現地SIMの使用について調べている時にたまたま下記記事を発見したからです。
なんとauスマホSIMロックのままでAT&TのSIMが使用出来るという衝撃?の事実が記載されていました。

当然、SIMフリーiPhoneに買い替えが必須だと思っていたので、使用しているauiPhoneでそのままAT&TのSIMが使えるというのは衝撃でした。

早速、USのアマゾンでGoPhoneのNano SIMを購入し、個人輸入サービスの“Spearnet”(*)を使ってゲットしました。

(*)Spearnetは以前からRalph LaurenなどのUSのサイトで私や子供の服を購入し、直接、日本への発送が出来ない場合に利用しています。

↓アメリカでは$5程度で購入可能


↓日本では現時点では¥1,400〜で購入可能

私は妻や友達の分まで含めて、複数枚を購入したので、USのアマゾンで購入して、Spearnetで輸入しましたが、1枚だけなら普通に日本のアマゾンで購入した方が良いです。
(しかも、私が購入した時は日本では、¥2,500/枚ぐらいで結構、価格差がありました。)

ちなみにアラモアナSCなどの現地のAT&Tのショップでは、SIMカード自体は、無料?で貰えるようです。(初回はホノルル空港に到着後には、直ぐに使えませんが。)

SIMを入手して初めて利用する時にはアクティベーションと取得したSIMに対応するアカウントにトップアップ(入金)が必要です。

1.渡航する数日前(〜3日前)にAT&TのWEBでSIMを登録し、アクティベーション

(*1)住所を登録する箇所がありますが、滞在先のホテルなどの住所を登録すればOKです。
(*2)登録する住所のZIPコードに応じて、電話番号局番が取得されます。
(=ハワイの住所を登録するとハワイの“808”局番が取得出来ます。ハワイ以外にもメインランドで取得したい州の住所を登録すれば、その州の局番の電話番号が取得可能です。)

2.往路の飛行機の中でSIMを差し替え

3.ホノルル空港に到着して、機内モードを解除するとSMSでアカウント管理のサイトにログインするための初期パスワードを受信

(*)アクティベーションから上記SMSの送信が保持されるのは、72時間らしいので、アクティベーション渡航まで3日を切ってから実施

4.アカウント管理のサイトにログインし、クレジットカードでトップアップ(入金)

(*)トップアップはSIMのアカウントへの入金でSIM自体へのチャージではありません。


5.契約プランを選択し、トップアップした金額からリフィル(チャージ)


GoPhone契約プラン

現在の契約プランは下記の通りです。
(マンスリープランでもアカウント管理のサイトで自動更新のチェックを外しておけば翌月以降はアカウントの入金額からチャージされることはありません。)

プラン 通話/SMS データ通信 備考
$30/月 アメリカ国内
無制限

要追加購入(右記)
100MB/$5
$45/月 アメリカ国内
無制限
3GB 超過後128Kbpsに制限
$60/月 アメリカ国内
無制限
6GB 超過後128Kbpsに制限
$2/日 アメリカ国内
無制限

要追加購入(右記)
100MB/$1

私たちは現地滞在が4泊程度(4泊6日)なら$2/日のデイリープランに必要容量分の100MB/$1のデータパッケージを追加、現地滞在が1週間以上なら$45/月のマンスリープランを利用しています。

AT&Tなので、通信品質も良く、ストレスなく使用出来ます。
特にauスマホの方はSIMロックのまま使えるのが秀逸だと思います。

ただ、注意点としては、チャージした契約プラン満了後に更新しないと入金額が残っていても3ヶ月後にはアカウント自体が失効して使えなくなります。

アカウントが失効すると取得した電話番号も使えなくなり、SIMも再度、ネットではアクティベーションが出来ず、AT&Tのショップに行かないとアクティベーション出来なくなります。

旅行の度にAT&Tのショップに行くのは面倒ですし、再度、アクティベーションしたとしても前回とは違う電話番号になるので、次回の渡航までアカウントを維持する(=電話番号も維持出来、ホノルル空港に着いた直後から使える)一番簡単な方法は、アカウントへの1回の入金額を$100以上にすると全く契約プランの更新がなくてもアカウントが1年間維持されます。

最低毎年1回から数回行かれるリピーターの方は年1回$100を入金すれば、ずっとアカウントを維持出来、ハワイの808番号も維持出来ます。

次回いつ行くかわからない、数年に1回という方でSIMフリースマホをお持ちの方は、もっとお手軽なZIP SIM(旧READY SIM)を検討されるのが良いかも知れません。

ZIP SIMについては、ミンキーネットワークさんのブログで詳しく書かれています。

また、ヒデさんの“はじめてのハワイ旅行”でもZIP SIMについて詳しく書かれています。