FamilyTravelers

ハワイをメインに国内外の家族旅行の備忘録です。

旅程管理アプリ

家族旅行の旅程は、通勤や仕事の移動中の空き時間に考えることが多く、以前からiPhoneの旅程管理アプリで作成&管理&共有しています。

アウトラインとして日程とフライトを決めて、その後、ホテル、レンタカー、観光、アクティビティー等をポチポチと登録して、ドラフトの旅程を作成。

奥様と共有して確認して貰い、奥様や子供の希望をフィードバックしてFIXさせます。

っといても、当然、現地でスケジュールを変更することも多々あるので、作成したスケジュール通りに動くのは、6〜7割程度なので、あくまでも目安です。

今までtravelyというアプリを使っていました。

・travely

(*)既にダウンロードサイトにアクセス出来ないので、過去の登録していた旅程一覧の画像だけ。


しかし、先月、9/13でサービスを終了するというメールが来ました。


代わりになりそうないくつかの別アプリを検討し、先月の夏休みの旅行からTripCaseというアプリを使ってみることにしました。

・TripCase


結果的にtravelyよりも使い易いので、初めからTripCaseを使えば良かったと。


フライトの登録は航空会社をプルダウンで選択して便名を入力するとオンラインでフライトスケジュールを引っ張って来て反映してくれます。

面白いのは、フライト後に実際の出発時間&到着時間が旅程に反映されます。


実際のフライトスケジュールが反映されても何の役に立つ訳でもありませんが、旅行の記録の1つとして・・・。

ホテルや観光地等もオンラインでエリアや名称の部分検索で選択・登録が出来ます。

個人的には、ユーザーインターフェースや操作感が気に入りました。

最近気付いたので、まだ、使っていませんが、フォルダでチケット等も管理出来るようです。

アーリーリタイア後の特典航空券でのビジネス&ファーストクラスでの夫婦世界一周旅行の旅程管理もこれでパーペキです!

いつ出来るんだ!?


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

2018夏休み旅程計画中

今年の夏休みの旅行から帰国して、2週間も経っていませんが、9月になったので、ぼちぼち、来年の夏休みの旅程の検討を始めました。

夏休みの行き先は、ハワイでFIXしているので、フライトとホテルを検討して、取り敢えず、年内に予約がルーティンです。

1. 離島

夏休みは、8泊10日〜10泊12日ぐらいで旅程を組むので、前半を離島、後半をオアフ島にしています。

離島は、毎年、サイクリックにハワイ島→マウイ島→カウアイ島→ハワイ島→・・・なので、来年は、ハワイ島です。

2. フライト

何の策もなく、Skyscanner でチェックしてANA or JAL or ハワイアン航空のチケットを万能マイルのマネーJPYで購入予定です。

一昨年&昨年は、翌年の夏休みのANA特典航空券の予約を目指し、旅行中のハワイからネットと電話(アメリカの予約センター)の両チャネルからアプローチしましたが撃沈。

GWも2年連続、ホノルル便の特典航空券の予約にチャレンジしましたが撃沈。

当初、何も知らずに陸マイラーのパイオニアの方々のブログを参考にさせて頂きながら真似事を始めましたが、GWや夏休みのど真ん中のジャパンのオボンを挟んでの超ハイシーズンにホノルル便の特典航空券を狙うのは、無謀だと悟りました。(遅っ!)

あのレジェンドANAパパさんでさえ、超ハイシーズンを避け、7月に行かれているようですし。

特典航空券に淡い期待をするのは、精神衛生上も良くないので、今年は悟りの境地で来年夏休みの特典航空券争奪戦に参戦もしませんでした。

万能マイルのマネーで買います!
コスト的には25万円/人以下に抑えるたいところです・・・。

万能マイルは、航空会社に関係なく、航空券を予約出来るメリットがありますが、反面、大人の事情でエコノミーしか予約出来ないデメリットがあります。(泣)

ホノルルでトランスファーでも良いですが、ハワイ島は直行便もあるので、コナへの直行便を就航しているJALまたはハワイアン航空がイイかなぁ〜っと。

キャリアとしては、JALの方が好きですが、成田発着しかないので迷います。

成田は遠い。
渋滞に巻き込まれて、危うく乗り遅れそうになったことも何度かありますし。

今のところ、羽田発着のハワイアン航空に傾いています。

既に予約が開始されているANAのHND-HNLで260,000〜270,000円/人。
JALとハワイアン航空の予約が開始されたら、発着空港、コスト、その他をトータルで比較して決めたいと思います。

3. ホテル

1) ハワイ島

一昨年は、ヒルトンワイコロアビレッジに滞在しましたが、来年はSPGプラチナでクラブラウンジも利用出来るシェラトン・コナ・リゾート&スパ・アット・ケアウホウ・ベイに3泊を考えています。

まったり、ラウンジでシャンパンです。
( ̄▽ ̄)


2) オアフ島

ロイヤルハワイアン or モアナサーフライダーに2泊、ヒルトン村のグランドワイキキアン or ラグーンタワーに3泊を考えています。


ワイキキのSPG2泊はSPGアメックスのFREE NIGHTSです。
どちらにしてもラウンジが利用出来ます。
( ̄▽ ̄)

Hilton3泊は今年はホテルにしましたが、来年はHGVCのタイムシェアを利用する予定です。

っと言うことでワイキキの5泊の宿泊費はリゾートチャージの$200程度で済むかと。

ただ、Hiltonの駐車場代は、今月からまた、上がってバレー1日$50、セルフ1日$43になったようです。高過ぎです・・・。


取り敢えず、フライトをもう少し検討したいと思います。
m(_^_)m


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

レンタルサイクルBiki@ハワイ

今回、ワイキキ周辺でやたら目につくパステルカラーのチャリが多く走っていました。


前回、昨年のX'masに来た時は、目にしなかったのに、今回、突如、出現しました。

6/28からサービスを開始しているBiki Bikeというレンタルサイクルサービスでした。

Bikeshare Hawaii という非営利団体が運営しています。

ホノルル市内のチャイナタウンからダイアモンド・ヘッドの手前カピオラニパークの間の地域に1,000台のレンタルサイクルが100のステーションで借りられるようです。

このサービスによりワイキキ周辺でレンタルサイクルが気軽に借りることができるようになっていました。

ワイキキ周辺の交通手段は、レンタカー、タクシー、トロリーやザ・バスなどがありますが、自由度を考えるとレンタカーがベストです。

ただ、ワイキキ中心部の移動手段では、駐車場を考えるとレンタルサイクルがお手軽です。

レンタルサイクルのステーションで借りて、好きなステーションに返却するというスタイルです。

ステーションの位置と空き状況は、WEBまたはスマホのアプリで確認出来ます。

Biki

Biki

  • Bikeshare Hawaii
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料


1. 料金プラン

金額 プラン 回数 時間
$3.5 シングルライド 1回 30分以内
$20 フリースピリットパス 無制限 5時間
$15 マンスリー 無制限/月 30分以内/回
$25 マンスリー 無制限/月 60分以内/回

(*)時間を超過すると$3.5/30分です。

鍵は付いていないので、基本的には、ステーションからステーションに乗り捨てのスタイルです。

万が一、紛失・盗難の場合は、$1,200/台のペナルティーになります。

シングルライドは、30分以内の利用で$3.5/回でトロリーやザ・バスを考えると高いので、使いようだと思います。

フリービットパスは、$20で利用回数無制限、トータル利用時間5時間、マンスリープランは、1ヶ月の間に30分/回または60分/回を無制限に利用出来るので、ある程度、滞在する旅行者はフリービットパスか、マンスリープランが良いのではないかと思います。

各ステーションにある↓でクレジットカードで支払い可能です。
(*)マンスリープランはWEBでユーザー登録が必要です。


今回、私たちはフリービットパスで利用してみました。

フリービットパスの有効期限は10年間あるので、次回のX'masや来年も利用しようと思っています。


2. 利用制限

利用出来るのは、16歳以上の利用規約になっています。

そのため、うちの子供は借りられないので、私と妻がレンタルし、子供は持参したキックスケーターを利用しました。


3. サマリー

ワイキキでサイクリングは爽快でした。

機会があれば、利用してみて下さい。

2020年には、モノレールも開通するし、ワイキキは日々進化しているようです。

Mahalo !


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ