読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyTravelers

ハワイをメインに国内外の家族旅行の備忘録です。

エアライン&ホテル上級会員

ANA Hilton Starwood SPG AMEX JAL ダイヤモンド 上級会員

エアラインの上級会員SFC、JGCについて書かれているLife is Travel(id:LifeisTravel)さんの下記記事は毒舌かつ確信を突いていて、非常に面白かったです。


私も同感です。

っと言いつつ、Life is Travelさんも私もANAのSFCホルダーです。

エアラインの上級会員SFC、JGCやホテルの上級会員はメリットがあることは間違いないですが、わざわざ修業してまで取得する価値があるか?という永遠の命題です。

個人的にはSFCやJGCのように1度取得してしまえば、クレジットカードを保有している限り、ステータスを維持出来る一生モノなので一念発起して取得する価値はあると思います。

全くビジネスを絡めずに自腹でSFCやJGCの取得条件のプラチナやサファイアに到達するには50万円前後のコストが掛かりますが、一生モノと思えば個人的には許容範囲です。

ちなみに私はSFCを取得するためにビジネスと通常の家族旅行で貯まったPPをベースに不足するPP分だけ無駄に羽田ー沖縄を2往復したので、上記ほどはコストは掛けていません。

また、SPG AMEXで保有出来るSPGゴールドやデルタスカイマイルAMEXゴールドで保有出来るゴールドメダリオンも数万円の年会費であれば活用出来る人からすると高くはないと思います。
(私もSPG AMEXは夫婦本会員で保有しています。デルタは乗らないので持っていません。)

ここまでは私にも理解出来るのですが、出張族で自然にANAやJALのダイヤモンドを取得&維持出来る方は別にして、全くの自腹で1年数ヶ月しか維持出来ないANAやJALのダイヤモンドを取得&維持するために修業している方については超一般人には理解出来ません。

お金と時間が有り余っている方の行動ですね。

人間、ある程度、欲求を満たすと次にステータスが欲しくなるのだと思います。

全く政治に携わっていなかった人が政界に立候補したり、某大学のOB/OG会の評議員の名誉職に銀行頭取や一流企業の役員がなりたがるのと同じ発想だと思います。

ドナルド・トランプはその最たる例ですね。

キャバクラで仕事なので若い娘がチヤホヤしてくれるのと一緒でダイヤモンド修業を目指す方はCAさんの高待遇が嬉しいんだと思います。

後は自己満ですね。

私も航空会社ではANA(プラチナ/SFC)、ホテルではHilton(ダイヤモンド)、SPG(ゴールド)の上級会員になって、FFP&FSPを家族旅行で最大限に活用しています。

自己満もあります。

ANAプラチナの私でさえ、国際線でエコノミーに乗っているのにチーフパーサーさんが個別に挨拶にいらっしゃることがあります。
恐らく、たまたま、ダイヤモンドの方の搭乗が少なかったのだと思いますが。
悪い気はしません。

Hiltonでチェックイン時に支配人の方が挨拶に来て、名刺を頂くことがあります。
悪い気はしません。

超一般人の自分がちょっと偉くなった気が一瞬だけします。

SFCとSPGゴールドはクレジットカード保有で維持出来る一生モノですが、Hiltonダイヤモンドは毎年一定以上の宿泊が必要になりますが、今年も6滞在でダイヤモンドが維持出来るので、普通に利用していればクリア出来るレベルです。
必要に応じて、ビジネスを絡めれば余裕です。
(ビジネスの場合、経費処理出来る宿泊費の上限を出た部分は自腹になりますが・・・。)

SPGは現在、プラチナステイタスチャレンジに挑んでいますが、それもたまたまビジネスを絡めてクリア出来るチャンスがあったので便乗しました。

3月にあと1泊すればクリアで2019年3月まで丸2年間、SPGプラチナが維持出来ます。(恐らく、最初で最後のSPGプラチナになると思います。)

自己満です。

こんなことを言いながら、そのうち、ANAのダイヤモンドを目指しかねないので気を付けたいと思います。

( ̄▽ ̄)


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ